所沢市 歯科 佐藤歯科クリニック

Sato Dental Blog

GBR
Guided Bone Regenerationの略。骨再生誘導法とも言い、歯肉と骨の間に膜を張りスペースを作ることで骨の再生を誘導します。骨の量が足りずインプラントの固定が困難なケースで行われます。
骨が不足している部分に、膜を用いて骨を作るスペースを用意し、その中に、骨のもとになるもの(骨補填材)を詰めて骨の再生を促す治療法です。
インプラントを埋め込むのに十分な骨の厚み、幅がない場合、用いられるテクニックです。
通常は、インプラント埋入手術前に必要な骨を作ってしまうか、もしくはインプラント手術のとき、同時に行われます。
GBR
法を行うことで、今までインプラントを行うための骨が不足していた人でも、骨の量を増やし、インプラントが可能になうケースが増加しています。
また、抜歯してすぐに行うインプラントにも、この治療法が応用されています。

所沢市でインプラント治療なら佐藤歯科クリニックへ
投稿者 佐藤歯科クリニック (18:24) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :