所沢市 歯科 佐藤歯科クリニック

Sato Dental Blog

GTR法(組織再生誘導法)
GTR法(guided tissue regeneration)は歯周外科手術後、メンブレン(ゴアテックスなどの膜)を挿入することにより歯周病の炎症により破壊されたセメント質や固有歯 槽骨などの硬組織を新生させ、喪失したシャーピー繊維による付着の回復をはかる歯周治療法です。1982年にイエテボリ大学(スウェーデン)のスティー レ・ニーマンらによってGTR法の成功が初めて報告されました。 歯周組織再生誘導法または組織再生誘導法ともいいます。 多くの歯科医院、病院でも導入している治療法ではなく、健康保険はきかないので自費治療になります。(一部の病院で保険制度の一つである高度先進医療制度 の適用があります。) 歯を支える歯周組織(歯肉、歯根膜、歯槽骨、セメント質)が炎症を起こし、それが進行すると、歯を支えている周りの骨が溶けてしまいます。 溶けて、乏しくなってしまった歯槽骨は、歯周病が治っても、健康だった時のように回復しません。 なぜなら、骨が成長するスピードの方が歯肉のそれより遅く、本来骨が回復するはずのスペースが、歯肉(内縁上皮)で埋まってしまうからです。 歯を支える骨が乏しくなった状態では、インプラントを支え、固定するに十分でない場合があります。 そこで、歯周組織(骨)を回復するために行われるのが、GTR法です。 歯と歯肉の間をきれいに清掃して、その後、骨を再生したい部分に人工の膜を入れます。 膜で覆うことで、骨が回復するまで歯肉が入ってこないように、スペースを確保します。 骨の幅、高さともに状態が悪いために、インプラントができなかった人でも、歯周組織を回復することで、インプラントが行える場合があります。

所沢市でインプラント治療なら佐藤歯科クリニックへ
投稿者 佐藤歯科クリニック (18:25) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :