所沢市 歯科 佐藤歯科クリニック

Sato Dental Blog

インプラント体

インプラントの、天然歯でいう歯根にあたる部分。フィクスチャーともいいます。 現在主流なのは、生体と親和性の高いチタンで作られたもので、純チタン製のものや、チタンの周辺にハイドロキシアパタイト(歯や骨の成分)をコーティングしたタイプです。
チタンに表面加工を施した人工のインプラント体を、顎骨内に埋め込んで骨と結合させます。

所沢市でインプラント治療なら佐藤歯科クリニックへ

投稿者 佐藤歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
二回法インプラント手術
2回法が開発された理由は、オステオインテグレーション(骨とインプラントが結合)するまでの期間に出来 るだけインプラントに力を与えないことで、感染リスクを最小限にするためとされています。2回法の方が手術の成功率がわずかに高いという報告もあります が、1回法による感染リスクや成功率の低下は殆んどないとも言われており、2回法が明らかに優れているというわけでもないようです。

所沢市でインプラント治療なら佐藤歯科クリニックへ
投稿者 佐藤歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
一回法インプラント手術

一回の手術で終わるため患者さんにとっての負担(外科的侵襲や治療費)が軽くて済みます。 しかし、すべてのケースで適用できるわけではありません。 インプラントを入れるための骨に十分な高さと厚さがある場合に限られます。 このようなケースに適用すれば一回法であっても失敗するケースはほとんどありません。

所沢市でインプラント治療なら佐藤歯科クリニックへ

投稿者 佐藤歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
歯を抜けたままに放置すると

歯を失ってそのままにしておくと、その両隣の歯は失った歯のところに傾斜してきます。同時に、対合歯(かみ合わせの反対の歯)が飛び出してきます。

歯の隙間が広がり、噛む力が弱まるばかりか、食べ物が詰まりやすくなり、虫歯や歯周病、口臭の原因となります。

顎や顔がゆがみ、顎関節症の原因ともなります。

所沢市でインプラント治療なら佐藤歯科クリニックへ

投稿者 佐藤歯科クリニック | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
テストエントリー
これはテストです。
投稿者 admin | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)