所沢市 歯科 佐藤歯科クリニック

歯周病

歯周病とは

歯周病は歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。

歯と歯ぐきの境目についた歯垢から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えているまわりの組織をじわじわと壊していきます。

統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病になっています。

しかし、35歳になってから突然、歯周病になるわけではありません。

実は、10代から少しずつ進行していき、20数年の歳月をかけて、歯肉をジワジワとゆっくり冒し、歯ぐきから血が出るという自覚症状がでる30代の頃には、もはや歯肉炎・歯周炎になっています。

虫歯と違ってほとんど痛みがないため、気がついた時には抜くはめに… なんてこともありえる横綱級のこわい病気なのです。

 

症例1

 
全顎的にプラークコントロールが悪く、歯肉の腫れ,発赤、歯石が見られ中等度の歯周病です。
 
歯科衛生士によるブラッシング指導、プラークコントロールを徹底的に行い、スケーリング、ルートプレーニングを行いました。歯肉の腫れ、発赤がなくなり健康な状態です。歯列不正を伴うため、現在矯正中です。
 
矯正後の状態です。歯列不正が改善され、プラークコントロールしやすい環境になりました。
 

症例2

 
歯肉の腫れ、発赤が著しく、多量の歯石がみられます。
 

症例1と同様、プラークコントロールを徹底的に行い、スケーリング、ルートプレーニングを行いました。

歯の動揺もあり、暫間固定もしてあります。

歯肉が引き締まり、発赤がなくなり、フレアーアウトしていた歯の位置も良い方向へ改善されています。

 
歯周病治療の流れ
一回目

現在の歯肉の状態を検査します。(出血の有無、歯周ポケットの深さ) 検査結果についてのご説明と歯肉の状態にあったケアについてお話し いたします。


一回目

見える部分の歯石を取ります。(スケーリング)


一回目

歯石を取り終わった後の歯肉の状態を検査します。

(歯肉の状態によっては行わないこともあります)

初期の歯周病はこれで治ります。


一回目

歯肉の中にある歯石をとります。この場合、悪い所を集中的に行います。

(病状によってかかる回数は変わります)(ルートプレーニング)


一回目

再度、歯肉の検査をします。

中程度の歯周病はこれで治ります。

※病状の改善が見られないときは、歯肉の手術を行うこともあります。

※あるいは定期的に歯肉のチェックを行い、病状を悪化させないようにします。

どのように進行するの?

歯周病の初期段階の『歯肉炎』は、子どもを含むほとんどの年代の人に見られます。

歯肉炎をそのまま放っておくと『歯周炎』に進行します。

『歯周炎』は歯ぐきかの状態が悪化し、歯を支える骨も破壊されるため、 歯がぐらぐらと動くようになり、最終的には抜けてしまいます。


歯肉炎~軽度の歯周炎
中等度歯周炎
重度歯周炎


歯と歯ぐきの間にプラークがたまって、歯ぐきが腫れ、出血しやすくなっています。

歯を支える骨にはまだあまり影響がありません。

歯周ポケットが形成され、歯石が深部まで付着し、歯を支える骨を半分くらい失っています。

歯を支える骨がなくなってきて歯がぐらつき、このまま放っておくと歯が抜けてしまいます。

歯ぐきが下がる、膿が出るなどの症状もみられます。


なぜ、歯周病になるの?

歯周病は、歯と歯ぐきの間に入り込んだ歯周病原菌と全身や生活習慣の問題から起こる病気です。


歯石

プラークは歯にくっついてから時間が経つと歯石になります。

歯ブラシでは取ることができません。


喫煙

血行障害を起こし口の中の抵抗力が弱まります。


その他のリスクファクター

糖尿病、ストレス、偏った食生活、薬剤服用なども歯周病の進行を促進します。

(写真は血圧を下げる薬を服用していたケース)


プラーク

培養した口の中の細菌

T.デンティコラ



歯の表面に形成されたプラークにはさまざまな細菌が存在します。

黒いコロニーが歯周病原菌

歯周病原菌のひとつ