所沢市 歯科 佐藤歯科クリニック

| 歯周病 |

歯周病とは

歯周病は歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。

歯と歯ぐきの境目についた歯垢から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えているまわりの組織をじわじわと壊していきます。

統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病になっています。

しかし、35歳になってから突然、歯周病になるわけではありません。

実は、10代から少しずつ進行していき、20数年の歳月をかけて、歯肉をジワジワとゆっくり冒し、歯ぐきから血が出るという自覚症状がでる30代の頃には、もはや歯肉炎・歯周炎になっています。

虫歯と違ってほとんど痛みがないため、気がついた時には抜くはめに… なんてこともありえる横綱級のこわい病気なのです。

 

症例1

 
全顎的にプラークコントロールが悪く、歯肉の腫れ,発赤、歯石が見られ中等度の歯周病です。
 
歯科衛生士によるブラッシング指導、プラークコントロールを徹底的に行い、スケーリング、ルートプレーニングを行いました。歯肉の腫れ、発赤がなくなり健康な状態です。歯列不正を伴うため、現在矯正中です。
 
矯正後の状態です。歯列不正が改善され、プラークコントロールしやすい環境になりました。
 

症例2

 
歯肉の腫れ、発赤が著しく、多量の歯石がみられます。
 

症例1と同様、プラークコントロールを徹底的に行い、スケーリング、ルートプレーニングを行いました。

歯の動揺もあり、暫間固定もしてあります。

歯肉が引き締まり、発赤がなくなり、フレアーアウトしていた歯の位置も良い方向へ改善されています。