所沢市 歯科 佐藤歯科クリニック

| その他の診療 |

スポーツ歯科

大切な歯と顎を守りましょう

スポーツにはケガがつきものです。とくに動きの早いスポーツ、コンタクト(接触)の多いスポーツでは、顎(がく)や顔面領域のケガの発生率が高くなっています。

当医院では、ケガの予防のためのマウスガードの製作や、歯や顎などのケガの治療などをおこなっています。

マイクロスコープ顎の骨折では下顎の正中部での骨折が多くみられます。
マイクロスコープ歯が抜け落ちたときは、歯をやさしく洗ってホコリや泥などを落とし、牛乳や水でぬらしたガーゼやハンカチなどで包んだり、乾燥させないようにして、できるだけ早く歯科医院に行きましょう。歯が元どおりになることがあります。
マイクロスコープ口のあたりに軽くボールが当たったりしただけでも、そのままにしておくと、歯の神経が死んでしまい変色歯となってしまうことがあります。ちょっとしたことでも歯科医院で検査を受けるようにしましょう。

マウスガードについて

スポーツにはケガがつきものです。とくに動きの早いスポーツ、コンタクト(接触)の多いスポーツでは、顎(がく)や顔面領域のケガの発生率が高くなっています。

当医院では、ケガの予防のためのマウスガードの製作や、歯や顎などのケガの治療などをおこなっています。

マイクロスコープマウスガードは口の中の保護装置で、マウスピース、マウスプロテクターなどとも呼ばれています。マウスガードは外力から顎と口のまわりへの衝撃をやわら げ、歯の破折や、顎の骨折、口の中・口の外の軟組織のケガを防止するものです。脳震盪(のうしんとう)の予防にもなります。
マウスガードは、上顎の歯につけることが多いのですが、スポーツによっては下のほうにだけ、あるいは上下につけることもあります。

 

※注意

マウスガードにはスポーツ用品店などで販売されている簡易型のものもありますが、口をあけるとすぐに落ちてしまったり、正しい咬み合わせができず顎関節(がくかんせつ)を痛めるなど、かえって危険なことがあります。歯科医院で型をとって精密に作るものが安全です。

 

マウスガードとスポーツパフォーマンス

正しいマウスガードの使用は、からだのバランスの安定、筋力の向上がみられるという研究データがあります。競技の種類によっては、競技力が向上すると報告されていますので、歯科医院でつねにチェックしてもらいましょう。