スポーツ障害の安全対策について

スポーツには人を魅了する様々な要因があると同時に、あらゆるシーンににて身の危険が潜んでいることもあります。

スポーツ障害(外傷および障害)の診断・治療学はその競技の特性を理解して初めて理解することができるのは言うまでもない。

危険だからと言って、協議のすべてを規制するわけではなく、そこを先端スポーツ障害の安全対策として補えれば、ケガのリスクを最小限に抑えることができる。

更には、競技者のパフォーマンスを最大限に導く医療器具の装着も近年では多く見られる。

マウスガード(MG)とは

”外傷から歯および歯周組織を保護し、口腔外傷減じることを目的に装着される口腔内弾性装着”

MGは通常、外傷発生率の高い上顎歯列弓に対して装着される。しかし反対咬合(下顎前突)者には下顎歯列弓への装用が推奨されている。

マウスプロテクタmouth protectorやマウスピースmouthpiece、あるいはガムシールドgum shieldとも呼ばれるが、楽器やスキューバダイビング用マウスピースとの混同を避ける意味で、最近MGが好んで用いられる。

MG装着の効果

・歯の傷害防止

・口腔軟組織(口唇、頬、舌)の外傷防止

・顎骨や顎関節の傷害防止

・頭頸部外傷の防止

・心理的効果および運動パフォーマンス向上

・経済的効果

MG装着の主たる機能および効果は直達性あるいは介達性外力による、歯の傷害防止・口腔軟組織(口唇、頬、舌)の外傷防止、そして衝撃力から顎骨や顎関節を守ることである。

さらには、歯を食いしばることで競技者のパフォーマンス向上を図ることが可能な際にMGを用いることもある。プロ野球選手やサッカー選手の装着も見られる。